山フレのオタク寄り音楽の聴き方作り方

アニソンは最強だ!何故最強か、ちょっとみんなの音楽の聴き方が増えたらいいな!

【第3回】曲がみんなのところに届くまで(レコーディングだけではCDにならない)

「商品」としてパッケージされている音楽を人は一般的に耳にします。

ジャケットや特典なんかもありますが、ここではあくまで曲だけに焦点を絞って。

 

簡単に言うと

曲や歌詞ができる→レコーディングする→CDになる

 

なんですが、よくよく「レコーディングが大変でさあ」なんてのは

アーティスト本人も口にするため、よく取り上げられるのですが、

今日はレコーディングとの間にある ミックスダウン という過程について

おしゃべりします。

これは本人が関わってる作業ということはほとんどありません。

アイドルや声優さんなんかは勿論、プロのバンドでもエンジニアがいることがほとんど。勿論立ち会うことはありますけどね!

★…エンジニアはミックスをする職業だと思ってください。

  厳密にいうと違いますが、おいておきます。

 

わかりやすくなるか、考えたので少し説明を。

 

あなたはとある料理店(CD屋)に入りました。ハンバーグ(とある1曲)がすごく有名で

あなたはそれを目当てに入りました。

 

厨房にあなたから注文が入ります。

「ハンバーグを一つ。」

 

ハンバーグを作るには何が必要でしょう。

材料を揃えます。冷蔵庫から お肉、タマネギ、ピーマン、塩、胡椒、

隠し味のパインが少々、上からつけるマヨネーズやケチャップも必要かも。

 

ここで変換してみてください。

なんでもいいのですが

 

お肉=ボーカル タマネギ=ギター ピーマン=ベース 塩=ドラムetc

 

レコーディングはこの材料を揃えた段階です。

 

あなたの前に1つのお皿が出されます。

皿の上にはハンバーグですーと言われたものの、上の材料が乗ってるだけなのです。

焼いてもなけりゃ、煮てもいない。切られてないし食えたもんじゃねえ。

 

ハンバーグはやっぱりジューシーで箸で割ると汁が出るじゃん。

タマネギはみじん切りがよくね?肉は生だと腹壊すじゃん?

 

この材料を食べられるものにするのがミックスダウン(混ぜる)です

 

これが上手い人が、上の例えでいう「すごく美味しいハンバーグを作る人」です。

人によってはしょっぱすぎたり、タマネギが辛すぎたり、少なすぎたりしますよね

それを調整する作業がこれです。非常にここが僕らの中では面白いところなんです。

 

本題といいますか、具体的にかみ砕いて、

例えば調整ってどんな作業があるの?という話を少しして終わりにします。

 

・ボリューム=全部同じ音量で出したらボーカルは聞こえないかもしれません。 

       ごちゃごちゃした印象になります。塩と肉の量一緒とか

       想像もしたくない

 

・パン=パンというのは音の左右の位置です。

    イヤフォンで音を聴いた時、片側からしかこの音なってないな。

    両側から聞こえるな。なんてのを調整する作業です。

 

・高さと低さ=単純な音の高低です。高すぎても聞こえにくく、低すぎてもダメ。

       適切にカットされたり、付け足されたりします。

       これで人間の耳は擬似的に高低を把握します。

 

・奥行=これが一番その作業でネックなのですが、

    ギターがちょっと奥な気がする。ボーカルが前に出てるのは当たり前。

    一つ一つの楽器やフレーズにエフェクト(効果)というものを与えることで

    これを表現します。

    平面を立体的に表現するという絵にしろ何にしろ一番難しい部分ですね。

 

アルバムなんかを聴いて、この曲はなんかフワフワしている気がするな、

ザラザラしている気がする、とりあえずうるさい。なんてものも、

この作業を経て表現されています。

 

CDを聴くときにもう一度ぜひ、耳を澄まして左だけ聞いてみようとか

ボーカル以外に目を向けると、新たに大好きなメロディや雰囲気に出会えるかも??

    

 

 

 

 

 

【第2回】パクリとは何か。

意図だけでは楽しめないと思ったので、続いて2回。


パクリ について。


「この曲とあの曲似てるよね」

「○○とか○○のパクリじゃん」


よく聴くセリフです。

よく言う人もいるのでは。

似てるよね。というのはまだいいとして、パクリまで言われると

ただの悪口でございます。

(まあ僕も曲聴いててこれはあかんでしょって思うのもありますが)


素人のくせに!!こっちの立場も知らないで!←

いや、リスナーはお客様ですからね。しかしパクリもお客様のためだったりするのです。


みんなが聴く曲、歌があってギターがあってピアノが鳴ってるよーなんて曲にはほぼほぼ根幹に コード(和音)というものが存在します。

重なってる音だと思ってください。


例えばドの音が鳴ってる時には

ミとソを鳴らすと明るい綺麗な響きになります。

なんでかは難しいので置いておきましょう。

ボーカルの音に響きが綺麗なる音を歌うのがコーラスです。


これをコードというのですが、

コードは曲中で切り替わっていって、

その流れをコード進行というんです。


そしてその進行にもある程度の

定石であったり、タブーがあったりもするので、言うたらパズルゲームみたいになっていくとこがある。

勿論理論を打ち破るための理論なんかもあるのですが、

そこらへんは触れません。難しいので。


そしてこのコード進行に 著作権は存在しない のです。

あったら今頃の音楽はもう何も楽しくもなく、心地よくもなく、ライブはお葬式でしょう。


つまりこの世に存在するコード進行は、どんだけ拝借してもいいわけです。

それを身につけまくった数の多い人が、

あらゆるバリエーションで曲を作れる作曲家なわけですね。

そういう人は自分でもやばいコード進行を作れます。


音楽を構成する3要素は


ハーモニー(コード、和音、コーラス)

リズム

メロディ


と言われています。

つまりコード進行が似ていてもリズムやテンポが違えば、リスナーは気づかない。

ただ、何万曲もありますから、

やはりリズムやメロディなんかも似てしまうのは仕方ない時もあるのです。


ここで例を挙げてみましょう。


https://youtu.be/rfX0q1aNCos


ビートルズ最強の泣き曲Let it be

埋め込みうまくいかないのでURLで。


https://youtu.be/cvj3-MZO9Tw


アナ雪最強の泣き曲Let it go


サビだけ聴いていただきたい。

似てるなーと思う人もいるのかな?

実はコード進行がサビ頭のほう一緒なのです。


実はこのコード進行はさっき言った定石のようなものの1つで、

日本人は特に良いと思うことのできる、必殺技みたいなコード進行なんですね。

(その定石を作り出したのがビートルズってことなんで、ビートルズは最強なんです。)


スピッツのチェリーとかも結構似てる進行です。


そしてタイトルもgoとbeが違うだけ。

これはもう意図的にパクってるんですね。


オマージュなんです。

作曲者のビートルズ愛。

もしくは作詞者が曲を聴いたインスピレーションでつけたか。


自分の好きな曲の作曲者が意図的に何かタイトルか、

歌詞か雰囲気なんかをパクってる気がすると気づいたときは、

その人のルーツを聴いてみてください。


きっとそのアーティストのパフォーマンスや、曲、そしてそのルーツさえ、愛せる日がくると思います。


主観ですが、音楽は悪く言えば無法地帯のパズルゲームでもあります。

感覚と理論を織り交ぜながら遊ぶ芸術かと。


何故感動するのか、なんて知ってしまうと面白くないです。

ただ、知ったら更に面白くなることもある。

大丈夫です。


どれだけ理論的にあこがあーなってこーだからさ!と

ちょっとは説明できる僕が、ライブで泣くんですから。

理論の上にある感情論が乗る不思議な世界が音楽だと思います。


初回から込み入った話ですみません!

【第1回】ブログ開設の意図

こんにちは。山フレです。


僕は小学5年生の頃、YUKIさんという歌手の曲を聴いて音楽を始める決意をしました。


今は作曲家のアシスタント、自分のバンドをしながら、

友達や先輩、アニソン、色々なミュージシャンのライブに行ったりします。


つまり作曲が好きなのです。

その経緯は追々語るとして、

作曲をしていると色々な、所謂リスナーの立場では気づけないたくさんの音をCDから聴きとることができたり、

新たな発見があります。


しかし、それは純粋な気持ちで音楽を聴けなくなる可能性も孕みます。

これに関しては誠に悲しいことでもあり、

やっててよかった。知っててよかったなんてこともたくさんあります。


何気なくライブにいって、みんなが打つハイハイというコールや、PPPHも今や鉄板になってますよね。

あれも逆に言えば そう作られてる んですね。


そういう気づけない あ、なるほど。 となる部分から、そんなん知らんがなって部分まではいずれ、

踏み込んで書きたいなと思っております。


ぜひ、楽しんで読んでください!

信じるか信じないかはあなた次第です。。。