山フレのオタク寄り音楽の聴き方作り方

アニソンは最強だ!何故最強か、ちょっとみんなの音楽の聴き方が増えたらいいな!

二人セゾン/欅坂46 個人的メモ

・個人的メモ、所感。自分の言葉でメモする。

・数字はダイアトニックのこと。

 

【A】

|1|5/7|6|3|4|3|2|5|

|1|5/7|6♯|6△7th|2|3|4|5|3△7th|

 

ベースラインが1(8),7,6とダイアトニックの順次下降。最後は25で二週目。

二週目は同じようなラインに見せかけた3小節目からの変化を見る。

6♯から6△7thで1からの下降が半音ずつ綺麗に成り立つ。最高。

4325だった一周目が二周目には2345になっている。

順次に上昇させることによって次のセクションを予感させる。

4の代理は2であるため広くとらえると同じ進行。意図的に1周目と2周目を

わけていると思われる。

 

【B】

|6|4|5|1 5/7|

|6|4|5|3△7|

 

5からのトニック着地から進行感を出す譜割の5/7。二周目頭が6なので、下降ライン。

最後の投げられる3△7thはサビ前だとたまに用いられるアクセント。

他の曲を挙げると米津のメトロノームとか。転調も可能だが転調しない。

サビ頭が4なので、ここは3からの上昇になる。

 

【S】

|4|5/4|3|6|×2

|2 3|4|5|5|

 

リフレイン系のサビ。5/4の響きって超いい。

特に頭がサブドミナントの曲は「良い曲」感を保ち続けるツールだと思う。

ここで注目したいのは後半4小節の譜割。

徐々に長くなっている。半小節、1小節、2小節。セクションを変えるための仕組みの一つ。

 

【Sの尻かつINTER】

|4|5/4|3|6|×2

コードに関しては書くことなし。編曲に関しては同じコード進行の部分との比較は大事。

サビ頭と同じ進行って考えると面白いかも。

 

【C】

|4|4|5/4|5/4|3|3|6|6|

|2 3|4|2 3|4|3△7th|3△7th|

 

インターやらサビ頭の進行を二倍に伸ばしてある進行が頭8小節。

この発想は案外ないような気もする?自分だと安直な気がして避けてしまいそう。

こういう良い曲がストレートなことをしていると、やってもいいんだなあと

勇気が出るので、更に好きになったぞ二人セゾン。

その二倍尺から畳みかける半小節の234の流れが飽きさせません。

あとここの歌詞やっぱり神。

 

 

【落B】

|6|4|5|1 |3△7th|

一回トニックに落ち着けて、曲を終わらす感じというか、

メロディも終着してからのサビ入りさせる感じがいいなあって思う。

何より落Bメロってのがおしゃれ。