山フレのオタク寄り音楽の聴き方作り方

アニソンは最強だ!何故最強か、ちょっとみんなの音楽の聴き方が増えたらいいな!

裏コード

結論 裏コードとは無理矢理表すなら

   Ⅱ♭7

 

Key:C でいう D♭7 にあたる。

 

裏コード=ドミナントの機能を持つ。

ex)C→F→G7→C

  C→F→D♭7→C

 

ちょっと理論っぽく。

・そもそもドミナントはトニックに対してなぜドミナント効果を生み出すのか。

 G7(Key:Cに対してのドミナント)の構成音=ソシレファ

 D♭7(Key:Cに対してのドミナントであるG7の裏コードの構成音=レ♭ファラ♭シ

 シとファの共通音が見つかる。

 

 シとファの音程間は全三和音(トライトーン)を持ち、

 トライトーンは非常に不安定な響きを持つもので、安定を求める。

 Cの構成音はドミソであり、シはドに。ファはミに逃げたくもなってる。

 つまりシとファを含んだコードさんは、ドミナントチックな使い方ができる。

 

<応用>

・セカンダリードミナントの適用。

 セカンダリードミナントは別記事で整理。

 

 ex)C→Dm7→G7→C

 通常のセカンダリードミナントを取り入れた進行。

 ex)C→A7→Dm7→G7→C

 

 セカンダリードミナントはDm7を擬似的にトニックと見たドミナントを入れること。

 (上の例で言えばの話)

 つまり、ドミナントに裏コードが使える。

 

 ex)C→E♭7→Dm7→G7→C

 これを駆使するとマンネリした進行しか出てこないときに数多の進行を作れる。

 逆に言えば、数多くの楽曲たちのコード進行を機能的に分析すれば、

 「元はといえばよくあるコード進行」とホッとすることができる。

 

 更に発展させる。

 上の例の進行E♭→Dm7という所謂半音進行である。

 Cの構成音はドミソ。ミがありがたいことにいらっしゃる。

 ベース音をEにすることによって下降ラインを綺麗にかける。

 

 ex)C/E→E♭7→Dm7→G7→C

 

 構成音を考えれば、それぞれにオンを入れたり、

 テンションを入れたりでこういうものはいくつも作ることができる。

 曲が壊れないのは前提条件だが、セカンダリードミナントはいくつでも

 挟み込めるので、「うわおー!これどうやって動かそうかな~デュフフ」と

 わくわくしながら使いこんでみてほしい。