ボブヘアPの日記

ボブヘアPの日記

ドラクエ11感想(大いにネタバレ)

やりたいと言いつつ3カ月我慢して、それでも欲しい気持ちがあったら買おう。

の精神で買いまして、クリアしたので雑感まとめておく。

 

【個人的なドラクエ遍歴】

ドラクエ自体に触れたのは8が初。

そこから近所に住んでた女の子宅がドラクエオタクの家だったので、

過去作を順番に借りて全部やった。

結局自分で買いなおしたのが、PSのドラクエ4と7、PS2のVだったはず。

あとSFCの1・2が一緒になったやつ。もう忘れてしまった記憶もあるけれど、

大いにやり込んだのはV。9もやったけど全作で5が一番好きだった。

 

【総評】

めっちゃくちゃ良かった。不満点は後々あげるけれど、

たぶん個人的な文句に収まる範囲なので、未プレイの方でも後悔しないはず。

たいていのゲームは一回やり切っておしまいだけれど、

Vと同じくやり込んでしまうゲームだなあと思った。

 

【まず不満点】

・モンスターが仲間にできない

 個人的な不満でしかないけれど、モンスターを連れ歩くロマンを私は求めたかった。

 

・船とケトスの着陸の不自由さ

 ケトスは高台しか降りられないし、外海内海があるマップで船着き場でしか

 降りられないのは不自由だなあと思った。孤島系がルーラに登録されるわけでも

 ないから、ちょっと立ち寄るのにエンカウントが続く海を行き来するのはつらい。

 

・馬もっと気軽に乗りたかった

 マップが広い分、もっと気軽にフィールド移動できるようにしてほしかった。

 8のバムウレンの鈴みたいな感じで。

 

・強制エンカウントがほぼない

 これは良いところでもあるんだけれど、回復ポイントがあそこにあるから

 雑魚戦避けて乗り切るか。といった危機感なんもないプレイができてしまうのは、

 少し寂しい。ギリギリで回復ポイントにたどり着くあのイライラと安心感が

 ドラクエには必要なんだ!(個人的に)

 

・エマとの結婚

 エマは趣味じゃねえ。でもマルティナがイシの村復興でヤキモチ妬いてたから許す。

 

・ふしぎな鍛冶

 錬金釜みたく、これとこれっていけんじゃね?みたいな実験をしたかった

 

・シナリオ面での不満

 パラレルワールドあるあるの不満になってしまうけれど、

 過去に戻った時に出会う彼らは共に冒険してきた彼らじゃない気もしてしまう。

 最後セニカがオーブを壊してたけど、更に時間を戻すということなので、

 主人公たちはそもそも生まれないことになってしまうのではないのか。

 ニズゼルファもウルノーガもいなくなるのはいいこととして。

 

・BGMが結構使いまわし

 マップごとにもっと曲数あってもよかったなあという印象。

 ボス戦とか以外は音消して別の音楽聞きながらやってしまった。 

 過去作の編曲しなおしとかはうれしかった。

 

【よかった点】

・徹底的な絶望と逆転劇の熱さ。

 過去作にここまで徹底的な絶望があったろうか。

 目の前で勇者の剣奪われる、故郷崩壊(これはよくあるけど)、

 仲間とバラバラ、よく立ち直れたなこれというシナリオ実に危機感あってよかった。

 勇者の剣を作る鍛冶のシーンとか王道も王道だけど、

 仲間に仲間感生まれてすごくよかったな。合間に挟まるサブキャラの

 エピソードも結構重かったりで厚みが過去作より増した気もする。

 

・オマージュ

 過去作オマージュがセリフ、マップ、演出などなどであって嬉しかったな。

 マーサとパパスのオマージュとデルカタダール神殿の階段が玉座っぽいイスの

 裏にあったりするのも感動した。

 ユグノア関連は8を思い出しましたね。トロデーン城。

 シルビアとの連携の仲間呼びはオッサン呼び思い出したりもした。

 あと呪われしマルティナ。過去に戻ったことで身も心も支配されずの

 純潔マルティナ取り戻せてよかったよ僕は・・・

 

・グラフィック

 ドラクエを携帯機でやりたくないってのがこれ。

 グラフィックの進化はすごいなあ。グレイトドラゴンが歩いてたり、

 ギガンテスってこんな感じでうろついてんのね。みたいなシンプルな感動。

 腰据えてやる価値ある。

 

・難易度が低い

 ゲームとしてどうなんだとは思う人もいるだろうけど、

 前述したエンカウントを避けられることで宝箱だけ回収して一旦帰るとかもできる。

 レベルはサクサクあがるし、強力な技や呪文もストレートにスキル解放すれば

 早い段階で覚えられるし、全滅はほぼないんじゃないか。

 かといってエンカウント避けまくると、ボス戦で痛い目みるので、

 徹底的に易しいものでもない気がしたし、いいところなんじゃないかなと。

 その分ストーリーをしっかり捉えることができたり、強力な技を覚えて

 すぐ演出を見たりといったストレスみたいなものが排除されてるような気がした。

 

・セーニャをショートヘアーにできる。

 あれだけの試練を乗り越えて主人公は「セーニャをショートヘアーにしたい」と

 お願いするのである。本人に頼んで切ってもらったらええやん。。。と

 思ったけど僕は1番目のお願い事で迷いなくショートヘアーになってもらいました。

 

 

しばらく忙しくなりそうで、プレイ時間は減りますが、

種盗みまくって全ステータス999くらいまで久々にやろうかなと思いまする。